我が家に猫がいる : ロシアンブルーとの生活

猫との生活で気付いたことを綴るブログです

飼い主の出来事! 急性胆嚢炎から腹腔鏡による胆嚢摘出手術まで

 急性胆嚢炎発作による緊急入院から、腹腔鏡による胆嚢摘出手術まで、約4か月間を備忘録的に書いてみました。
 腹腔鏡手術は確かに「回復が早く、傷口が小さい!」優秀な術式だと思いますが、手術としては決して簡単ではなく、危険もあり、術後には苦しい事も多くあります。 

【スポンサーリンク】



初めての発作

西暦2019年、平成が終わり、令和を迎えようとする4月の土曜日未明、午前3時頃、みぞおちのあたりの激しい痛みで目を覚ましました。

f:id:Jade-Seimei:20190815124528j:plain:w300:left

右向いても左を向いても、「痛い!」寝ていられない。

起き上がってソファーに腰掛け、枕をお腹に入れて抱えていると、何となく安定。

「急性胃炎?」


胃薬(ガスター10)を飲んで様子を見るが、痛みは一向に治まらず、眠る事が出来ない。
さすがに尋常ではないと思い、寝ている家内を起こし、状況を伝えると…

「救急車呼ぼうか?」

自力で動けるのに救急車は呼ぶべきではないというのが私の考え。
結局タクシーを呼び、近くの救急病院へ。
(事前にネットで救急病院を調べて電話連絡。受診可を確認しています。)

f:id:Jade-Seimei:20190815124731j:plain:w300:right

暫く待って、診察。

「ここ? ここ? ここは?

お腹を押さえられるのですが、全体的に痛く、場所が特定できません。

「う~ん、一体どこが痛いの?」

そんなこと言われても、この辺りとしか言えない。

申告通り、「急性胃炎」との診断でとりあえず点滴する事に。
看護師さんに「痛み止めですか?」と聞くと、違います、「胃薬です!」

胃薬の点滴? 
約1時間の点滴終了後に帰宅。
点滴の効果? 痛みも落ち着いたので、安静にする事でこの日は終了。

前日に食べたメンチカツの油が原因ではないかと、勝手に決めつけていました。
(有名なメンチカツですが、少々脂っぽく、気になっていました。美味しかったですけどね。)

2回目の発作

救急病院を受診した翌週の金曜日。

同じく午前3時頃、痛くて目を覚ましました。

状況は同じ!

ここ1週間は食べ物にも気を付け、特に思い当たる節は無し。

1時間ほど様子を見ても変化は無く、

「前回より痛い!」

同じ救急病院に行く事に不安を感じ、少し遠いが大きな総合病院の救急外来を受診する事に決定。

「タクシー呼ぼうか?」

家内の提案を無視して始発電車で行くことに決めたが、これが大失敗。
とりあえず座れましたが、猛烈に痛い。

拭いても拭いても脂汗が止まらず、腰を屈めたまま、目的の駅一つ手前で降りてタクシーで病院に行く事になりました。

救急外来での 診察

6時ごろ病院に到着。比較的早く呼ばれて診察開始。当日は早朝会議が有ったので、何とか痛みを抑えてくれるようにお願いしましたが、

「原因が判らないのに痛みを止める事は出来ません!」

確かに… 

会議出席は無理かもしれない(意外と仕事熱心)

とりあえず検査!

まず心電図と採血。
私に不整脈治療の既往が有った為、どうやら心臓疾患(心筋梗塞)を疑っている様子。

心電図には明らかな異常なし。1時間後に結果の出た血液検査も異常なし。
トロポニンTは正常)
その頃は腹部全体、背中の方まで痛みが有りました。

腹部エコーも実施しましが、小生皮下脂肪が厚く、画像不鮮明のため診断不良。

f:id:Jade-Seimei:20190815125738j:plainf:id:Jade-Seimei:20190815125856j:plainf:id:Jade-Seimei:20190815125947j:plain

原因判らず!

独り言…

私は胃痛を訴えていたのに、胃に関しては話題にもなりませんでした。私の状況を見て胃が問題では無いと早々に判断されたのでしょうか?

痛みは一向に治まらないが、看護師さんから何度も聞かれたのが、

「来院時の痛みを10としたら、今はいくつ位?」

聞きたいことは分かるけど、答えようがない。
痛みが半分位になれば答えられるけど、10と8に違いはあるのだろうか?

受診して2時間もたつ頃には最初の痛みの程度なんか忘れている。
多少慣れて来るし…

仕方がないから10、8、11、7、10… 適当に答えていると、

「また痛みがぶり返したんだね。」

う~ん 何か違う気がする...

3時間ほど経過して、

「原因が良く判らない。造影CTやってみる?」

先生から提案されて快諾!

f:id:Jade-Seimei:20190815131546j:plain:w300:right

実は一度造影CT検査を受けてみたかった。
会社の健康診断も満足に受けていなかったが、何となく体力に自信が無くなってきており、この際「全身チェックでがんが見つかるのもアリかな?」との思いもあった。

造影剤で体が熱くなることを感じながら、CT終了。

「大きな所見は無いけど、胆嚢壁が肥厚しているみたいだから胆嚢炎かもしれない。放射線科の先生に読影をお願いしているからもう少し待って。」

胆嚢炎?
これ、個人的に少し疑っていました。
家内にも「白目、黄色くない?」なんて確認していました。
(急性胆嚢炎だと黄疸が出ると思っていた。)

1時間ほど待って結果判明!
「急性胆嚢炎だね!消化器科の先生にも連絡しておいたから入院してください。」
やっと原因が判明したのは嬉しかったのですが、
medicalnote.jp

緊急入院かぁ…

家内に連絡すると驚いた様子もなく、既に入院の準備をしていた。(さすがです)

痛み止めの点滴開始、時刻は午前11時。

痛みで目が覚めてから、結局約8時間苦しみました。

消化器内科の病棟に入院

入院する頃には、痛みは殆どなく、何となく違和感が有るだけでした。
(押すと痛いですけどね…)

入院初日に
「石が有るみたいだけど、CTでは良く解からないのでMRI依頼しておいたから。」

消化器外科の先生に言われて、MRI(MRCP)の検査を行いました。
www.jges.net
翌日…
先生:「石が一杯在ったよ。ヤッパリ石による急性胆嚢炎だね。」
私:「手術の適応ですか?」
先生:「希望するなら手術するけど、痛みが無いのなら今すぐではなく、炎症が落ち着いてからの方が良いよ。2ヶ月位先かなあ。手術は腹腔鏡でやるから。」
私:「爆弾抱えて生活するのは嫌なので、是非手術をお願いします。」
先生:「わかった。必要な検査は入院中に出来るように手配しておくから。」

こんな会話が有り、入院生活の開始。

入院中、やる事がありません...
絶食で許されているのは水分のみ。毎日、抗生物質と栄養分の点滴、たま~に採血。これだけです。

何も食べていなくても、栄養分が点滴されていると、不思議とお腹がすきません。
体重は毎日2~300g減りましたけど。

独り言…

輸液されていたのは「ビーフリード輸液」
f:id:Jade-Seimei:20190815192353j:plain:w150

娘に写真を送ったら、「美味しそうじゃない!」の返信。
ビーフ(Beef)じゃないっちゅうの!

f:id:Jade-Seimei:20190815131925j:plainf:id:Jade-Seimei:20190815132149j:plain

点滴は毎日連続で実施、途切れません。シャワーを浴びる時だけ外してもらいます。血液検査の結果で問題が無くなった9日目まで続きました。

感謝!

看護師さん、忙しいのに「シャワー行きます」と声を掛けると、点滴を外し、留置部位をビニールで覆ってくれます。終わると消毒して元に戻してくれます。打ち合わせの最中なのに、本当にすみません。笑顔で対応して下さるのですが、本当に恐縮します。

入院中に心電図、呼吸機能検査、胸部レントゲン、血液検査の他、歯科受診と麻酔科受診を行いました。

歯科受診?

全身麻酔のため、挿管しての呼吸管理が必要となるそうです。その際感染予防のためには口腔ケアが必要で、手術までには済ませておくように言われました。

やりたくない検査!

胆嚢を摘出する前の検査として、やりたくなかった検査が、内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)です。辛くて感染の危険性もある事を知人から聞いていましたので、できれば避けたいと思っていました。

「必要ないよ!」

先生のお言葉に安堵です。

回復

1週間の完全絶食の後、重湯、3分粥、5分粥、7分粥、と少しずつ固形成分が増えて、腹部の違和感も5日目頃に解消、普通食は1食のみで11日目に無事退院しました。
(本当は後2~3日居た方が良いと言われたのですが、泣きを入れて退院させて頂きました。)

令和へ

平成から令和への元号変更は、病院のベッドの中で迎えました。

退院1か月後に消化器外科の外来受診を予約しています。

退院後の注意

退院後は脂肪分を出来るだけ避けるように指導されました。

これが中々大変。

まず、卵、揚げ物(天ぷら)、マヨネーズ、生クリームは禁!
当然アルコールも禁です。(胆嚢が収縮するらしい)

f:id:Jade-Seimei:20190817083639j:plain:w300:right

本を買い込んで、家内に食事メニューを考えてもらいます。
私も一緒にスーパーに行って、成分表を見ながら買い物をしましたが、脂肪分は本当に多くの食材含まれているのが良く解かりました。
勝手に目標を定め、1回の食事では10g以下、1日20g以下を目指します。
肉は鶏ささみか豚ひれ肉、魚もまぐろのトロはダメで赤身、もともとダイエット目的で糖質も制限していましたので、本当に食べるものが無く、随分と苦労を掛けました。
ビール、焼酎はダメですが、ノンアルコールならOK!

アサヒドライゼロ!


このノンアルコールビール?美味しいです。個人的な好みですが、本当にお勧めです。
(手術までの約2ヶ月、毎日お世話になりました。良い時代ですね。)

おまけに、
生クリームのケーキは食べられませんが、あんこは良いんですよ!
脂肪分が少なくお勧めです。

f:id:Jade-Seimei:20190817093042j:plainf:id:Jade-Seimei:20190817083834j:plain

餡子が一杯のお饅頭
炭水化物は59.7gですが、脂質は0.5gです。

いつの間にやら饅頭党に変身です。(糖質制限はどこに行った?)

早く手術をして、天玉そばを食べたい!

腹腔鏡での手術に向けて

1ヶ月後の消化器外科受診で20日後の手術が決定し、それまでに近所の歯科医で虫歯治療、全体的な口腔ケアを行いました。

先生からは
「手術まで発作が起きない事を祈ってるよ!」

おい、おい他人事かよ... (心の声です)

いよいよです。

入院初日

午前中に入院する様に指示があり、10時に病院到着。入院手続きの後、少し経って主治医から手術についての説明が有りました。
腹腔鏡手術の事はネットで調べていましたので、説明を聞いていて解らない事はあまりありません。

ただし、私の場合、石が多く、前回の炎症がどこまで収束しているのかは見てみないと判らないとの事でした。

石が胆管に落ちていたり、炎症が強いようだと早めに腹腔鏡から開腹手術に切り替える事を言われました。全身麻酔のリスクに加えて、開腹時に必要になるかもしれない、輸血のリスクや、術後管理についても詳しく説明されました。

*今回の入院先とは関係ありません
www.ai-hosp.or.jp

胆管に石が落ちていると、後から内視鏡で取る事になるかもしれないとも言われ、不安が頭をよぎります。(やりたくないなぁ~)

翌日に手術、退院は術後4日目を予定、Total6日間の入院生活の始まりです。

独り言…

「絶対に大丈夫!」「任せて下さい!」テレビでよく聞くセリフですが、最近の医師はこんな事絶対に言いません。ひたすらリスクについて説明されます。訴訟社会だから仕方がないのかもしれませんが、少し寂しいですね。嘘でもいいから前向きな言葉が欲しい…

夕方には看護師さんが来ておへその掃除。温めたオリーブオイルで丁寧に汚れを取ってくれます。ここから胆嚢を外へ出すそうです。

「子供の頃から、おへそを触るとお腹が痛くなるんですけど...」

看護師さんに訴えると
「優しくしますね」と、微笑みながらのお言葉!

いい年したおっさんがお恥ずかしい…

本日の検査は心電図、胸腹部レントゲン、MRIが行われました。

夕食も頂いて初日が終了。なかなか眠れないけど、少し睡眠不足の方が明日眠られるから良いのかも。勝手な言い分です。

手術当日

8時50分にエレベータ前に来るように指示が有りました。15分前には弾性ソックスを装着です。
弾性ソックスは膝下で、術後の深部静脈血栓の予防のために装着します。併せて、術後は一晩中器具を付けて足をマッサージするそうです。

手術室へ

手術室へは歩いて入室、担当看護師さんや麻酔科の先生、手術助手の先生の紹介があり、簡単な説明の後手術台へ。

もう「まな板の上の鯉」いや、「手術台の上のトド」

f:id:Jade-Seimei:20190815140955j:plain:w300:right

手術台の上は暖かく、チョットイメージと違いました。

少しでも快適になる様に温めているそうです。

マスクをかぶせられ、
「3回深呼吸してください」
「薬が入ります」の声は覚えていますが、次に声が聞こえたのは「手術終わりましたよ」でした。

チョット情報

手術終了後は1時間ほどかけて麻酔を覚ますそうです。「覚めた時には挿管チューブが入っているから驚くかもしれないけど、落ち着いて深呼吸してください。」と言われていましたが、私の場合挿管チューブは外されていたのか気が付きませんでした。

術後0日(当日)

術直後に話をする元気はありませんでしたが、
「腹腔鏡ですか?開腹ですか?」は聞いた記憶が有ります。
先生の返事は「腹腔鏡で無事に終わりました。」でした。

チョット情報

手術時間は手術室への入室から病室への帰室まで、約4時間と聞いていました。手術自体は1~1時間30分程度だそうですが、全身麻酔のため前後で時間が必要なのだそうです。家内は11時頃手術室に呼ばれて説明を受け、その際、摘出した胆嚢を見せて頂いたそうです。結局、病室に戻ったのは午後12時30頃で家内と再会したのは午後1時30分、手術室入室から病室帰室までは約3時間30分後でした。また、私の場合、硬膜外麻酔は行わず、術野への局所麻酔による浸潤麻酔で術後の痛みを和らげているようでした。

独り言…

「手術でとれた結石が大きければ数珠にしよう。もし小さくて数が多い様ならネックレスかな。」手術前に家内に冗談で話していました。実際には5~10mm程の石が余りにも多く(200個以上)、家内も驚いたそうです。決して誇張した表現ではなく、ホールコーンの缶詰をimageしたそうで、ハーフサイズ分程の石が有ったそうです。
「良く胆嚢が破裂しなかった!」が家内の感想でした。取り出す際におへその切開部を拡げた処置に納得です。

*下の写真は Wikipedia からの引用ですが、本当にこのような状態だったらしい。

f:id:Jade-Seimei:20190815140353j:plain
Wikipedia 胆石 より引用
その後は意識がだんだんはっきりとしてきましたが、ストレッチャーに乗って手術室から出され、病室まで運ばれた際の移動中の天井の景色と、エレベータの中の様子はしっかりと記憶に有ります。

そのまま病室に運ばれ、午後12時30分頃に病室到着。

f:id:Jade-Seimei:20190815162723j:plain:w300:left

いろいろと処置を施され、足にマッサージポンプが取り付けられました。

病室に入った時には酸素マスクが付けられていましたが、全身麻酔の副作用なのか、強烈な吐き気が襲ってきて、自分でマスクを外しました。

結局吐くものは無く、ガスだけが出たような気がします。

吐き気はこの1回だけでした。

唇が渇くので家内に湿ったガーゼで拭いてもらいました。
飲水は明日までお預けです。

夜は一人でこれをやるのか。

一番つらい、術後の長い夜の始まりです。

気になる事

1. 尿道カテーテル
歩けない、トイレに行けないのですから仕方が有りません。しかし、夜中に管が折れ曲がったのか、膀胱から尿が流れ出ず、本当に苦しい思いをしました。尿バックが一杯なのかと思い、看護師さんを呼んで確認してもらい、流れていない事が分かりました。
2. 酸素マスク
暑いし苦しいです。こんな物付けて眠れません。帰室後2時間ほど経過したときにお願いして、取ってもらいました。(呼吸は安定していたようです)
3. 弾性ソックス・足マッサージ器
ソックスを履いて眠る習慣はありませんから、とにかく不快、暑いんです。足のマッサージ機は邪魔ですがさほど気にはなりませんでした。とにかく、足の指先やふくらはぎに力を入れて、足を動かしていました。(翌日に解除)
4. 点滴ライン
急性胆嚢炎での入院の際連日点滴していましたので、これには慣れていました。腕を動かしにくい不自由感は有りますが、ほとんど問題ありませんでした。(翌日に解除)

ベッドは頭の方を少し持ち上げてもらいました。平らな状態では苦しくてとても我慢できません。
熱は微熱程度でほとんど上がりませんでしたが、暑い事を訴えると冷却枕を用意して下さり、本当に助かりました。看護師さんに感謝です。

夕方、先生が様子を見に来てくださり、胆管内には石が無かった事を伝えられました。

「これから胆管の中で育ったら知らないよ!」

チョット不安な一言...

夜はほとんど眠る事が出来ず、ただひたすら時の経つのを待っていました。

malg7.com
人によっては術後眠くてそのまま翌日まで寝てしまう人も居るみたい。うらやましい限りです。

術後1日目

尿道カテーテルは本当に不快です。
朝9時ごろ看護師さんが来て「体重量ってください。手伝いますから。」

チョット待って!

体重計はナースステーションの前!歩いていくの?

翌日から歩くように言われていたけど…

体を起こし、看護師さんの肩を借りながら体は九の字のままお腹を抱えて移動。何とか体重計にたどり着き計測。全然変わっていない。少しは痩せたかと思ったけど…

「頑張って歩いてくださいね」

判っているんですけど、今は虐められているとしか思えません。

トイレに行かないから、歩く意欲が無ければベッドから降りる事はない。ここは頑張るしかありません。点滴棒に尿バックをぶら下げて、病室内を歩きます。足はしっかりしているので問題はありませんが、やっぱり尿道カテーテルは不快すぎます。

自力でトイレに行ける事をアピールして抜いてもらうしかない!

午前11時、先生が様子を見に来てくださいました。お腹に空いた4か所の穴(おへそを含む)。3か所は塞がっていますが、1か所はカテーテルが入っているらしい。
「カテーテルは取ってしまいましょう。歩けるなら尿道のカテーテルも取っていいよ。」

涙が出るほど嬉しいお言葉!

腹部のカテーテルはしばらくガーゼを当てていないと濾出液が漏れ出て来るらしい。厚めにガーゼを貼って抜去。

チョット情報

貼るガーゼは最初10枚程で、時々何枚目まで滲みているか確認します。その滲みた枚数でどの位出ているのかを判断するみたいです。

尿道カテーテルは看護師さんが抜きに来てくれました。

朝起きた時の状態ではご飯なんてとんでもないと思っていましたが、お昼頃には空腹感有り。五分粥でしたが美味しく完食させて頂きました。
(今回入院中全ての食事を完食。美味しいとか不味いとか言ってられません。体力回復を目指すのみです。)

とにかく尿道カテーテルが取れると歩く意欲も湧きますし、移動も簡単にできます。ここから急速に元気になった気がします。

午後には看護師さんに体を拭いていただきました。(ありがとうございます)

独り言…

尿道カテーテルは抜去後も暫く排尿時痛が有ります。いっぱい水分を取って、オシッコを出すしかありません。抜去後初めてのトイレでの排尿量は200mlでした。

痛みは有りますが、歩くことに問題はありません。先生からレントゲンを撮る様に指示があり、車いすを断って一人でレントゲン室へ。

本当に辛かった

おへそを切って胆嚢を摘出していますので、ヤッパリ痛い。背中を伸ばすことができません。やっとの思いで立位での撮影が終了。

次は横になっての撮影です。

お腹に力が入りません。仰向けに寝たとたん息が出来ず、横を向くことも起き上がる事も出来ず、本当に死んでしまうかと思いました。ビックリです。身動きが取れず、声も出せずにもがいている私に気が付き、放射線技師さんが飛んできて体を起こしてくれました。
その後、再度少しずつ体を倒し、何とか撮影する事が出来ました。
息を吸い込んだり、吐いたり、止める何て指示に従う事は出来ませんでしたので、どんな写真が取れたのでしょうか?

独り言…

心臓や肺に異常が有るのではないかと思ってしまいました。炭酸ガスでお腹を膨らまして手術が行われますので、心臓や肺にも負担がかかり通常とは異なる副作用が現れる事が有るようですね。大きな副作用の事は良く記載されていますが、あまり問題にならないような小さな?トラブルは色々とあるのではないでしょうか。

入院中、術後で二番目に辛かった出来事です。
(一番は手術当日夜、尿道カテーテル屈曲で膀胱が一杯になった件)

術後1日目にはもう一つ辛い事が有りました。病室の中は少し乾燥しているのか喉が渇きます。水を飲む事はできますが、痰が絡みます。いつもと同じように出そうとすると、腹部に激痛、本当に激痛です。傷口が開いたのかと思いました。
痰を出すには腹筋を使うのですね。初めて気付きました。看護師さんに訴えたところ(吸引してくれないかな?)、暫くして枕を渡されました。

f:id:Jade-Seimei:20190815165617j:plain:w300:left

「この枕をお腹に抱えて体を丸め、頑張って自分で出して下さい。」

なるほど、自分で頑張るしかないのか..

試してみると多少は軽減しますが、ヤッパリ激痛は走ります。

お判りになると思いますが、咳としゃっくりも同じです。とにかく喉が乾燥していると思ったら水を飲んで喉を潤し、咳が出ないように心掛けます。しゃっくりは地獄ですね。1回や2回で止まりませから。痰は一度に出すのではなく、少しずつ出すコツを覚えました。

しかし、こんな状態だとうんちをするのも激痛かも?
怖くてうんちが出来ません(腹筋を使いたくない)。結局、病院では一度もうんちをする事なく、全て自宅に持ち帰り、退院当日に自宅で無事済ますことが出来ました。

チョット情報

咳をした時の痛みは退院後も続きましたが、ほとんど痛みを感じなくなったのは術後1週間を過ぎた頃からでした。

点滴も終了しましたが、
また、長い夜が始まります。

あれ?肩が痛い…

1日目の夜右肩の痛みに気付きました。肩甲骨の裏側、鈍痛です。
(筋を違えたような鈍い痛み)

昼頃から違和感はあったのですが、この痛み、体の置き場所が無い様な痛みです。どのような姿勢をとっても痛みます。腕を上げたり下ろしたり、少しでも痛みが軽減されるポジションを見つけて対応します。

www.chubuh.johas.go.jp

副作用として記載されている記事を家内が見つけました。記事通り3日程で改善しました。
tojun.hatenablog.com

他の方の経験談でも肩痛はあるみたいです。

術後二日目

夜はあまり眠れませんでしたが、体力は少しずつ回復しています。相変わらずベッドをフラットにすると息苦しさが有り、右肩の痛みも有りますが、動かなければいけません。食事を完食し、お腹を抱えた姿勢で病室の中を歩きます。外の廊下や待合室など、うろうろします。
午後には売店まで歩いていき、外もうろうろ…
確かに腹腔鏡手術は回復が早いかもしれません。開腹手術の経験がないので比較する事は出来ませんけどね。

f:id:Jade-Seimei:20190815162305j:plain:w300:right

尿道カテーテル抜去後の違和感は有りますので、水分も積極的に取り、オシッコも頻繁に行きます。

1日で1.5~1.8リットル程の尿が出ていました。

昼過ぎには先生が傷口のチェック!

「濾出液も無い様だから、ガーゼも取るよ。シャワーも大丈夫だから。」

確かにシャワーを浴びたいけど、正直チョット不安。
着替えだけしてシャワーは明日にしよう。

これで夜さえ眠る事が出来れば…

薬の話

手術当日は点滴の中に痛み止めの薬が入っていたのか、服薬指導はありませんでした。
翌日からは痛み止めが処方されています。ロキソニンです。
「6時間以上空けて、できれば1日3回までの服用にして下さい。どうしても我慢できなければ別に頓服を用意します。」
頓服はカロナール(アセトアミノフェン)なんですね。作用機序を替えなければいけないのは分かるけど、カロナールかぁ~
チョットだけ効果に疑問を感じましたが、結局服用する事はありませんでした。
ロキソニンは1日3回、8時間空けて術後3日目の午前中まで服用しました。合計8回ですね。

術後三日目

昨晩も余り眠れなかった。急性胆嚢炎で入院した時には特に問題の無かった睡眠。ヤッパリ本調子ではないみたい。肩の鈍痛は相変わらずで、ベッドもフラットに出来ない。
忘れたころに咳が出て激痛。お腹を抱えて、暫くうずくまります。
朝食前に最後?の血液検査。看護師さんと冗談を言いながら採血終了。

f:id:Jade-Seimei:20190815162117j:plain:w300:left

朝食を済ませて早めにシャワーの予約。
久しぶりです、本当に気持ちよかった。(何となく元気になります)

日中は暇です。本を読んだり散歩(病棟内)をしたり..
明日の退院に向けて片付けでもしようかな。

病室でWifiが使えるとPC持ち込むんだけど、
結局、本を読みながらず~っと音楽を聴いていました。

おへそ周りの違和感は相変わらずですが、肩の痛みは少し軽減してきました。

血液検査に問題も無く、明日の退院が正式に決定。

この頃には痛み止めもほとんど服用していなかったのですが、退院後2週間分の痛み止めを処方して下さいました。

今夜は眠りたい..

術後四日目(本日退院)

昨晩は少しだけ熟睡。何となくさわやかにお目覚め。
朝食を食べた後は退院の準備。荷物を詰めていつでもOK。
先生から薬を渡され、退院後の注意についても文書で説明されました。

f:id:Jade-Seimei:20190815140749j:plain:w300:left

特に気を付ける事は無く、食事制限なし!

会計を済ませて
午前11時に無事退院。6日間お世話になりました。

事前に高額療養費の手続きをしていたので、支払金額は約17万円でした。

傷口は医療用ボンドで塞がれているため、当然抜糸はありません。3週間後に外来受診して全て終了です。摘出した胆嚢を念のため病理検査に出すそうで、その結果を聞きに来ます。

入院の感想

腹腔鏡による胆嚢摘出手術は回復も早く、比較的簡便かもしれません。しかし、手術には高度な技術が必要で、全身麻酔下で行われる手術ですから、危険も伴います。術後は辛い時期も有りますし、それなりの覚悟は必要だと感じました。二日間ほどの辛抱ですけどね。

感謝!!

それにしても、入院患者にとってやはり看護師さんは天使ですね。いろいろとご苦労もあると思いますが、いつも笑顔で接して下さり、安心します。急性胆嚢炎での入院期間を含めると17日間お世話になりました。本当にありがとうございました。

でも、看護師さんがどんなに優しくても、2度と入院したくないのが本音です。

追加

退院後の外来受診終了。病理検査に問題は無く、傷口もきれいに塞がっていました。医療用ボンドもほとんどとれています。
「何かあったら連絡して下さい。」

とても信頼できる先生ですが、
「また、よろしくお願いします。」とは言えませんでした。