猫の尿路結石 “こんなに痛い思いを晴明にさせたくない”   序章

猫の尿路結石について書いていたら、
突然のハプニング!!

私の回顧録になってしまいました。

獣医師からの話

先日ワクチン接種で動物病院へ行った時の事

「男の子は泌尿器系の病気が心配ですから、
 餌はマグネシウムの少ないものを与えてくださいね」

アドバイスを頂きました。

f:id:Jade-Seimei:20181208200216j:plain:w250:left

「1歳位でも病気になるのですか?」
お伺いしたところ、

「腎臓疾患は高齢猫ですが、尿路結石は1歳でもなりますよ」

なるほど… 猫も大変だな

それから1週間.....

懐かしい痛み

突然、左腰に激痛!!!!!!!!!

なんなんだ、この痛みは?????

立てない! 座れない!  寝られない!

何をしていても痛い

f:id:Jade-Seimei:20181201113251j:plain:w280:right

これは…

尿管結石発作! 5年ぶりの再発です。

懐かしい痛みだわ♡
(Sweet Memories:by 松田聖子)

なんて言ってられません。

人生で味わう三大激痛!の一つです。

諸説あるようですが、どれを見ても尿管結石は含まれています。

私の結石は尿酸結石。

レントゲンには映らない為、超音波で確認するしかありません。

「石は確認できないけど、腎臓は脹れてるね」

ほぼ確定です。

チョット一言…..
腎臓から落ちて来る石は尿管を通って膀胱に至ります。
最後はオシッコと一緒に排出。
尿管で詰まりやすい所は3か所あり、
腎臓からの出口、尿管と血管との交差部、
それと尿管から膀胱への出口です。(狭くなっているみたい)
f:id:Jade-Seimei:20181201112822j:plain:w250:right誤解されている方が多いのですが、
結石が落ちて来る時に、壁を擦るから痛いわけではありません。
腎臓が作ったオシッコの流れを結石がせき止めます。
そうするとオシッコの行き場がなくなり、
腎臓が自分の作ったオシッコで膨らみます。
その腎臓が膨らむ時が痛いんです。
引き裂く痛みとも言われます。
だから、結石がどこに詰まっていても腰が痛いんです。
痛みだけでなく、膀胱への出口に詰まっている時は、膀胱への刺激症状が有り、頻尿になります。
膀胱炎と同じ症状で、これがまた辛い。

今は左の腰に激痛!  まだまだ先が長い

痛み止めを飲んで水分を取り、出来るだけ動いた方が速く排出する。

ただひたすら痛みに耐え、出るのを待つ。

これしかありません。(私の経験です)

思い出した

私の初めての結石発作は約20年前、忘れもしない1月1日。

家族団らん、お雑煮を食べてる最中に発症。

救急車を呼ぶ方も多いようですが、さすがに正月。

救急隊員にも申し訳ないと思いタクシーを利用しましたが、
痛くて、深くソファーに座れない。

約30分間、中腰のまま病院直行です。

救急車にすればよかった…f:id:Jade-Seimei:20181201112359j:plain:w300:left

病院について長椅子に横になり苦しんでいると、

「オイ、大丈夫か」

どこからかおじさんの声


「看護婦さ~ん、こんなに苦しんでいるんだから、早く診てやれよ」

お~ 優しいお言葉..... 思わず涙.....

お礼を言おうと思い目を空けたら、おじさん顔面が血だらけです。

酔っぱらって転んで額がパックリ!
傷口を抑えているタオルが真っ赤です。

「おじさん、おじさん、僕に気を使わなくてもいいですから、
早く診察を受けて下さい。」

う~ん さすがお正月の救急病院... 妙に感心しました。

結局、10日間ほど苦しんだ後、
約7mmの尿酸結石が無事に出てきました。

出産 VS 尿管結石

3大激痛の一つと言われる尿管結石の痛み!

ご高齢のご婦人に話を伺うと

「子供を産んだ時のことを思い出した」

とおっしゃる方がいらっしゃいました。
(全然違う!とのご意見も有りますが…)
news.nicovideo.jp

そういえば、娘の出産の際、家内も随分苦しんでいたのを思い出します。

大丈夫?頑張れ、もう少しだから….

男は痛みが判りませんから、ただただ無事に生まれて来る事を願う事しかできません。

生まれた我が子を見た時には本当に感動しました。

f:id:Jade-Seimei:20181201110442j:plain:w260:left

こんなに痛い思いをしながら子供を生んでくれた家内に
心から感謝するしかありません。

ホントですよ。

ごめんなさい

今回は猫の尿路結石の話を書こうかと思っていたら、とんでもないハプニング発生です。

自分の事で長くなってしまいましたので、
『猫の尿路結石』の話はまた次回、痛みが治まってから書きたいと思います。

でも、こんなに痛い思い、
晴明にはさせたくないと思いますね。

奥から家内の声がします。

大丈夫~?  痛い~? たいへんだね、頑張って! 

ほんと、かわいそう~

う~ん 何となく心がこもっていない気がするのは、気のせいなんだろうか?